ていらのは売れたい

底辺ラノベ作家の雑記ブログです

薄い財布 abrAsusを、気が付けば五年も使っていた

【スポンサーリンク】

おはようございます。

ていらのです。

 

 私、「薄い財布」を愛用しているのですが、

気が付けばもう五年も経っていたので、

使用感などを記しておこうかな、と。

 

結論を言ってしまうと、

・もともとキャッシュレスな人

・財布に振り回される自分も好きな人

に向いてる気がします。

 

 

さすがに五年も経てば手垢で汚くなります

f:id:teiranox:20190825182315j:image

実際に私が使っている財布 

 

皆さんはどんな財布を使ってますか?

私、かつては長財布にチェーンをつけていたのですが、

何かと邪魔だなーと思って二つ折りの財布にしたのですよ。

 

そのとき3000円くらいで買った財布があんまり使い勝手が良くなかったので、

何かいい財布はないかと探していました。

 

まず、長財布に比べるとカード類を入れるスペースに限界がある。

そして、小銭の取り出しやすさ。

この二点に不満が出ました。

 

ただ、長財布から二つ折りに替えるにあたって、

その辺は当然トレードオフとなる部分です。

 

カード類がたくさん入る二つ折りの財布もあるにはありますが、

「財布の中がカード類でパンパンだぜ」

となるのも嫌だったので、頭を抱えました。

 

そして私は、

「とりあえずカード類が入らないのは仕方ない。

 二つ折りで、尖った財布を探してみよう」

と思って行きついたのが、この「薄い財布」でした。

 

 ただ、この薄い財布。

薄さを追求するが故に、いろんなものを犠牲にしています。

しかも、その犠牲にしているのは、

私が気になった「小銭入れ」と「カード類」だったのです。

 

まず、小銭入れが地獄。

f:id:teiranox:20190825184515j:image 

小汚くてすいません……

 

一応、999円入ると公式販売ページに記載されていますが、

そんなに入れたらこの小銭入れ部がパンパンになります。

春巻きみたいになります。

 

そして、カード類は五枚が限界です。

私は、

クレカ三枚

よく行くドラッグストアのカード一枚

銀行のキャッシュカード一枚

 を入れています。

薄い磁気カードみたいなやつなら、

上記にプラスして一枚くらいは入るかもしれません。

私はブックオフのカードを入れてます。

 

こんなに薄いんだから仕方ないよね。

f:id:teiranox:20190825185103j:image

 

ただお札を入れるところとカードを入れるとこの隙間に、

カード一枚くらいなら入ります。

ただ、お札を抜き取るときに落っことす可能性があるので、

自己責任で。

私は王将のスタンプカードとかを入れてます。

f:id:teiranox:20190825183121j:image

 

開くとこんな感じ。

f:id:teiranox:20190825182325j:image

ちなみにこれはネイビー×ピンクで、レディース向けのカラーです。

二色のコントラストが好きだったので、この色にしました。

 

この部分には鍵を入れます。

f:id:teiranox:20190825182318j:image

鍵以外も入れられるでしょうが、

形がしっかりしていて、ある程度の大きさがないと、

すんげー取り出しにくいので注意。

 

中身を入れた図。(チノちゃあああああああん!)

f:id:teiranox:20190825182304j:image

 

さて、「尖った財布にしてみよう」と見つけてしまったこの財布。

これを使うには、上記のように様々なモノを財布から捨てなければいけません。

尖った部分を使用者の喉元に突き付けてくるスタイル。

 

私はどのようにしてこの財布にアジャストしたかというと、

まず、使用頻度の低いカード類は100均のカード入れを用意して、それに入れました。

同時に、「もう使わねーだろ」ってカードをガンガン捨てました。

そのカード入れは鞄に放り込んであります。

もし咄嗟に「あまり使わないカード」の出番が回ってきても、

外出時はだいたい鞄を持っているので大丈夫。

 

逆に、休日にちょっと近所に買い物に出るときなどは、

この財布に収まったカード類でこと足ります。

 

そして小銭。

これはもともと私がカード払いをメインにしていたので、

そこまで問題はありませんでした。

ラーメン店等、現金払い専用のお店に行く機会が立て続けにあるとき等は、

前述の通り「小銭入れが春巻き状態」になりますが、

限界なときは小銭を貯金箱放り込んでしまいます。

お金も貯まって、いいばっかりですね。

 

ちなみにお札も10枚を超えてくると、

二つ折りにする際、より抵抗力を感じますが、

そもそも私は財布に三千円くらいしかお札を入れないので、

何の問題もありませんでした。

 

さて気になるお値段ですが……。

14,950円(税込)+送料

(2019年8月25日時点)

 

高ぇよ。って思いましたね?

わかります。

(CV:津田健次郎

 

なんで一万以上払って、

財布に振り回されにゃならんのだって思いましたね?

わかります。

(CV:津(ry

 

私もそう思いました。

ただ、「財布に振り回されるのもなんか面白そう」

と思ったので、レビューしてるYouTubeの動画等を見て、

それでも決断できなかったんですが、

「面白そう」

この感情に根負けする形で購入に至りました。

 

まあ別に面白くはなかったですが、

「ポッケに財布を入れても邪魔にならないのがいい」

とは、今でも思ってます。

 

特にお手入れはしてませんが、

まだ余裕で使えてます。

ぶっ壊れるまで使うつもりです。

 

ミニマルな生活に憧れていたり、

断捨離しなきゃと思っている人には、

この財布 が何かのきっかけになるかもしれません。

 

人を選ぶ商品ではあると思いますが、

私にとって、とてもいい買い物だったのは、

言うまでもありません。

superclassic.jp