ていらのは売れたい

底辺ラノベ作家の雑記ブログです

自分の作品を「面白い」と思っていますか?

【スポンサーリンク】

おはようございます。

ていらのです。

 

この記事を読んでいる人で、

何か作品を生み出したり、

創作活動をしていたり。

 

そうでなければ、

仕事でのパフォーマンスなどでも構いません。

 

自分が成したことを「良いな」と思えていますか?

 

……あれ、なんか説教臭い入り方になったな(笑)

 

f:id:teiranox:20190816011241j:plain

フリー写真素材ぱくたそ

 

この記事のタイトルの件。

私自身の答えは「Yes」です。

 

待ってください。

「自分で思ってるだけだろ」とか、

「一巻で打ち切りなんだろ」とか言わないでください。

自分でもわかっていることで追い打ちをかけられると、

ダメージにバフがかかります。

耐えきれません(笑)

 

 

当たり前のことかもしれませんが、

私の著作が面白ければ、一巻で打ち切られることはなかったでしょう。

「面白い」という基準の話をすると話が終わらなくなるので、

この記事の中での「面白い」は「せめて自分自身では面白いと思っているか」

と、解釈してください。

 

改めて申し上げると、答えはYesです。

過去の応募作を見返したとき、

「おもしれえな」と感じた回数が多い作品ほど、

新人賞でいいところまで行ってる感じです。

 

逆に、なんとか自分を律し、

ただ書くことだけに集中してなんとか書き上げた作品は、

やはり「面白い」と思う回数は少ない印象です。

 

もちろん、「ちゃんと書けているだろうか?」という見方も、

絶対に必要です。絶対です。

 

ただ、こと新人賞に応募するような長編の執筆になってくると、

ある程度の精神的高揚を維持しながら一気に書ききるのは至難の業です。

それでいてある程度のクオリティがあり、かつ作品として成立しているとなると、

私からすれば、もはや神の領域です。

 

そんなことができないので、

必死にインプットしたり、プロット組んでみたりするわけです。

その時、「書くこと自体を楽しむ」ことができれば最強ですが、

それもまた、私からすれば神の領域です。

そこで、「面白い」です。

 

ほんの少し。

昨今の普通預金金利程度でいいから、

自分の作品を「面白い」と感じつつ書く。

そういう方向にもっていきながら書く。

今思うと、そんな風に自分を鼓舞しながら書いていたな、と。

 

ほぼ精神論な話で、技術的な側面が一切なく、

執筆に関して何かを少しでも得ようとこの記事を読んでいる人、

大変申し訳ありません。

 

多くのラノベレーベルから出版している先生も、

(どうやって営業かけてるんだろ……)

「自分の作品が一番面白いと思っている」

とおっしゃってました。

 

失礼ながら申し上げると、

その先生は多作ではいらっしゃいますが、

アニメ化するような大ヒット作には恵まれておりません。

 

では、その先生が、

「自分の作品が一番面白い」

と言っているのは、自己満足の傲慢なのでしょうか?

私はそうは思いません。

 

 その先生は、「面白い」と自信をもって送り出せる作品を、

生み出し続けているということではないでしょうか。

 

だからこその多作であり、

だからことの多レーベルからの出版なのだと思います。

 

私とその先生では天と地、

楽園と便所スリッパくらいの差がありますが、

私もそうありたいと思ってます。

 

 

ちなみに、私がまだ舞台に立っていた頃。

自分が舞台に立っている間は、

「自分が世界で一番美しい」

と思って立っていました。

 

もちろん私が世界で一番美しいわけがありません。

もしそうなら今頃は酒池肉林の乱痴気騒ぎです。

 

共演する役者さんが素敵すぎて、

そうでも思っていないと同じ舞台空間で正気を保っていられなかったからです。

必死でした(笑)

 

この記事は一言で言うと「ベストを尽くせ」で終わってしまいますが、

「ベスト」にもいろいろあるでしょうよ、と。

 

まずは銀行の普通預金金利くらいでいいから、

自分の作品を面白がること。

 

ここから「面白がり」を日本刀くらい鋭くして突き抜けるか、

流行りのジャンル等を意識して、「面白さ」をすり合わせるか。

 

どっちが正解とかないでしょうから、

自分がやりやすい方で、行動し続けるのが肝要かと。

 

PDCA……って書こうと思ったけど、

今はもう古いみたいですね(笑)

STDLとかOODAとかいろいろあるみたいですけど、

要は行動しろってことですよ。

最初は闇雲でもいいから。