ていらのは売れたい

底辺ラノベ作家の雑記ブログです

クライマックスは走らせろ?

【スポンサーリンク】

おはようございます。

ていらのです。

 

今日よりまた出先での更新が続きます。

 

最近改めて感じたことがあります。

多少の偏りはありますが、

媒体に限らず、物語のクライマックスでは、

主人公が走る、ということ。

 

これは、作品がエンタメ寄りであればあるほど、

顕著な気がします。

あくまで体感ですが。

 

そして、走る、つまり、動きが出る媒体の方が、

より、クライマックスダッシュ率は高い気がします。

 

やはり、クライマックスには疾走感が欲しいですし、そこに何かしらの時間制限があれば、緊張感も生じるでしょう。

 

じゃあ何かと言われても、

そんなに大量の例は出てこないのですが、

『君の名は』でも最後走ってましたよね?

 

個人的に一番印象的なのは、

劇場版クレヨンしんちゃん『オトナ帝国の逆襲』

でしょうか。

しんのすけがボロボロになりながら走る様は、

涙すら誘います。

 

かく言う私のデビュー作も、担当さんから、

「主人公、ラスト走らせましょうか」

とアドバイスをもらいました。

 

やはり、「走る」という行為はわかりやすいからでしょう。多くの人は走った経験があるでしょうから、その身体的負荷は想像しやすいでしょう。

 

そこに、わかりやすい

「走らざるを得ない状況」を付与すれば、

ある程度の演出効果を期待できます。

 

多少ベタになっても、

費用対効果は十分なのではないでしょうか。

 

もちろん、疾走感があって、時間制限等で緊迫していて、主人公が何かの負荷に耐えながら目的に向かって突き進んでいて、物語の受け取り手に共感を得られる展開であれば、言うことなしですね。

 

それまでの展開で、受け手を十分物語に引き込んでおけば、どんな行為でも成立するでしょう。

それがまた、難しいわけですが(笑)