ていらのは売れたい

底辺ラノベ作家の雑記ブログです

東京選挙区の行方は

【スポンサーリンク】

おはようございます。

ていらのです。

 

今回の参議院選挙、はじめて期日前投票をしてきました。

f:id:teiranox:20190722002601j:plain

フリー写真素材ぱくたそ

 

いつもなら近所の学校なんですが、

期日前投票だと行政施設内の一区画を使って、

こぢんまりとやってました。

 

投票券?の裏に期日前投票用に名前等を書く欄があって、

そこに必要事項を記入します。

 

係の人が記入事項の確認をするだけで、

通常の投票となんら変わりありませんでした。

 

しかも、今回は「特定枠ってなんだろ?」と、

比例代表の仕組みについて多少調べてから行ったので、

迷うことはありませんでした。

www.teirano.com

 

で、現在もちょっとずつ当確速報が出てますが、

東京はまだ二議席が確定していません。

 

速報の情報ですと、

現職自民の武見候補に続いて、

維新の音喜多候補がつけており、

ここまでが当選ラインですね。

 

音喜多候補といえば、元東京都議で、

築地移転問題等で名前を知った方も多いのではないでしょうか。

 

音喜多候補は「ブロガー議員」とも呼ばれ、

様々な情報をブログで発信していることでも有名です。

晒しちゃいけない情報まで発信してしまい、

怒られたこともあるようです(笑)

 

音喜多候補はもともとみんなの党所属だったのですが、

その、元みんなの党所属で元東京都議という候補が、

東京選挙区でもう一人立候補しています。

塩村文夏候補です。

 

塩村候補は、東京都議会本会議における野次問題で、

広く名前が知られたと思われます。

「野次の発言はセクハラだ!」と、

世間を騒がせた直後は、

塩村候補への同情的な意見も多かったのですが、

彼女が 『恋のから騒ぎ』に出演した際の過激な発言や、

Twitterでの過去の発言が取り沙汰され、

不適切であった旨を謝罪する――なんてこともありました。

今から五年前のことです。

 

さて、塩村候補に関してはもう当確が出ております。

知名度的に音喜多候補が塩村候補より先に決まると思ってましたが、

そこは所属政党の力か、支持母体の力か。

 

まあ、個人の意見なんて多かれ少なかれバイアスがかかってますから、

予想が外れることなんて珍しくもないわけですが。

 

ちなみに私個人としては、

音喜多候補に関しては、本を出したり有名になる前から、

「面白い議員がいる」とTwitterをフォローしてた時期もありますが、

今はフォローしてません。

 

音喜多候補も塩村候補も、

どちらもシンパでもアンチではありませんが、

色々と情報発信してくれる人だということが分かっているので、

音喜多候補が当落の境界線上にいる今は、

ちょっと速報を気にしていたいと思う――というくらいでしょうか。

 

私の投票先ですが……

「無難」をテーマに投票しました。

個人も比例も、名前を書いた候補者は、もう当確が出てます。

 

だからといって嬉しいわけでもなく、

何かを強く期待しているわけでもありません。

 

期待することがあるならば、

議員が国家の行く末を考え、

法案等を普通に議論して欲しい、と、それだけです。