ていらのは売れたい

底辺ラノベ作家の雑記ブログです

ボールペンはENERGEL(0.5)とJETSTREAM(0.7)を愛用してるよって

【スポンサーリンク】

 

f:id:teiranox:20190716222853p:plain

何事!?と思われた人。申し訳ありません。

タイトルの通り、今日はボールペンの話です。

なのでJETSTREAM0.7ミリで冒頭の挨拶を書いてみました。

 

私、文房具ってけっこう好きでして、

このITの時代、手書きをする機会なんてそこまで多くはないのですが、

ボールペンの書き味には好みがあります。

 

書き味……というか、ペン先にインクが「ダマになる」のが嫌なんですね。

「ダマになる」という表現が正しいのかはわかりませんが、

(おそらく間違っているでしょう)

文字を書いていると、紙に乗り切らなかったインクなのか、

削れた紙のカスなのか、ゴミなのか、

ペン先にインクの塊ができることってないですか?

私はけっこうあるんですね。

ペンを寝かせ気味で文字を書くからでしょうかね?

 

私は長い期間かけて、自分に合った書き味のボールペンを探してきたのですが、

入手性とコスパを考えると、ENERGELとJETSTREAMがベストでした。

テキトーに書きなぐってみたので、↓の画像をご覧ください。

f:id:teiranox:20190716222538j:image

JETSTREAM(油性:0.7)

www.mpuni.co.jp

これ、ダマになるかならないかで言えば、ぶっちゃけ、なるときはなります(笑)

ただ、コンビニでも売ってる入手性の良さに加え、150円という低価格。

そして、 油性なのになめらかな書き味。

パイロットのアクロボールも似たような感触ですが、私はこっち。

これは好みの問題かと思うので、高いものではないですし、

ボールペンで迷ってる人は安いのを両方買ってみるといいかもしれません。

 

ENERGEL(ゲルインキ:0.5)

www.pentel.co.jp

ペン先の細さの数字だけならこっちの方が細いですが、

ゲルインキのせいか、書く字はむしろこっちの方が太いです。

0.4もあるんですが、それだと細すぎるので0.5が個人的にちょうどいい。

 

このボールペン。今のマンションに申し込むときに、

仲介業者で書類を書くときに、たまたま担当してくれた人が

私てくれたのがENERGELだったんですね。

 

不動産賃貸契約した人ならわかると思いますが、

手書きでけっこう住所とか書かされるわけですよ。

そういうときに、なぜか文字がキレイにかけるような気がする。

言い過ぎかもしれませんが、ENERGELはそんなボールペンです。

住所などを長々と書くときはENERGEL一択です。

これ、ゲルインキなせいか、ダマになりません。乾くのも早い。

 

ただ、ゲルインキの特徴として、

どうしてもインクの減りが油性に比べて早い気がします。

ただ、そこまで大量にボールペンで文字を書くわけではありませんので、

私はそんなに気になりません。

 

【番外編】

万年筆 カクノ

www.pilot.co.jp

1000円くらいで買える、お手軽万年筆です。

あの尖ったペン先が生み出す、カリカリという紙をひっかくような書き味は、

とてもクセになります。

 

ただし、以下のようなデメリットも。

・高い

・インクの減りがゲルインキよりも早いってレベルじゃねえ

・メンテが必要

・キャップがある

・安いノートだと、インクがにじむことも

 

とは言え、独特の書き味が病みつきになって、

一時日記というか、行動ログのようなものを、

カクノで手書きで綴っていたのですが、

しばらくさぼってたらインクが出なくなってました(笑)

 

まあ、ちょっとメンテすればすぐに書けるようになるんですけど、

そもそもボールペンはメンテの必要がないですからね。

「手がかかるアメ車が好き」みたいな感覚と似てるのかも?

 

ここまで手書きのアイテムについて語ってきましたが、

文章を書くときは当然PCで書くんですけどね(笑)

 

でもやっぱり、字を書く必要がなくなる、なんてことは、

少なくとも私が生きているうちはなさそうなので、

最低でも、見られて恥ずかしくない程度の文字は書けた方がいいのかな、と。