ていらのは売れたい

底辺ラノベ作家の雑記ブログです

女性の多い環境に飛び込んで、対女性スキルを磨けばそのうち彼女ができる?

【スポンサーリンク】

おはようございます。

ていらのです。

 

この時期の風邪ってすんなり治らない気がするのは私だけでしょうか?

まあ私の場合は無理して会社に行ったりするから長引くのでしょうが。

 

で、一昨日38度オーバーの熱を出しました。

人によるでしょうが、私の場合、熱が38度を超えてくると、

身の回りのことを一人でやるのがだいぶしんどくなってきます。

一人暮らしなので、当然、何から何まで自分でやらなければいけません。

 

そして、しみじみと思いました。

やはり誰かと共に歩むことができる器を持っている人は、

パートナーを見つけるに越したことはない、と。

 

 

ではどうやって相手を見つけるのか?

f:id:teiranox:20190703233716j:plain

フリー写真素材ぱくたそ

私はラブコメは書いてますが、恋の伝道師(なんだそれ)ではありませんので、

確実なことは言えません。

ただ、確率を高めることはできると思うんですね。

 

そして、真っ先にどの世代にも共通して当てはまる、

恋人探しの第一歩は「清潔にしろ」です。

 

毎日風呂に入って、髪を洗って、

歯を磨いて、爪を切って、

洗った服を着ましょう。

全てはそこからです。

 

 

そして、鼻毛が出てないかチェックして、

多少でいいので眉毛にも気を使ってください。

ヒゲもキレイに沿った方が無難だと思います。

 

髪も短めの方が清潔感を出しやすいかもしれません。

知り合いのツテとかをあたってみて、

どうにかこうにか色々と相談しやすい美容師さんがいると、

いい感じの髪型にしてもらえるかもしれません。

 

で、最低限の準備をしたら

なるべく女性の多い環境に身を置きましょう。

別に独り身アピールとかしなくていいです。

たとえば趣味等の共通の話題で盛り上がれる人がいたら、仲良くしておく。

そこからパチンコのスーパーリーチみたいに発展するかもしれません。

 

「そんな気長にやってられるか!」と思うかもしれませんが、

私はそのくらい気長に育まれた方が、後々恋愛に発展した際に、

上手くいくんでないかな?と思うのです。

根拠はありませんが。

 

もし、ある程度早くパートナーを見つけたいなら

ネット等で婚活した方がいいかもしれません。

私はその手のサイトに登録をしたことはありませんが、

私の周囲では有料制の真面目な?出会い系サイトで、

結婚した人が何人かいます。

ただし、こういったサイトの場合、

「結婚相手としての市場価値」が、

シビアに問われてくるのは言うまでもありません。

 

男ばかりの環境でも彼女が欲しいと思っているのなら……

社会人の場合、男性ばかりの職場だと、

職場以外のコミュニティがない場合、

女性とお近づきになれるケースは皆無でしょう。

「ひょんなことからお店の店員さんと……」

「図書館で同じ本を取ろうとして手が……」

「親方! 空から女の子が……」

そういう出会いも無いではないでしょうが、

多分待っている間に十中八九老いて死にます。

 

ですので、女性の多い環境に飛び込んで、

多くの女性と接しましょう。

もしかしたら、趣味で盛り上がれる人がいるかもしれません。

 

女性への接し方がわからない?

それは経験値が足りませんね。

女性の多い環境に飛び込んで、多くの女性と接し、

レベルを上げましょう。

私?私も女性との接し方はわかりませんね(笑)

 

セクハラには注意

それと、昨今の世の中は「ハラスメント」に対して非常にナーバスです。

女性との接し方は細心の注意を払いましょう。

こちらにそのつもりがなくても、相手がセクハラだと思えばセクハラです。

 

大丈夫な女性もいるでしょうが、基本的に下ネタは避けた方が無難です。

あんまりガツガツいって女性のウザがられて、

そのコミュニティに居づらくなっては本末転倒です。

 

ちなみに、私の職場では女性とばかり何度もトラブル(というか痴話喧嘩)ばかり

起こしている社員が居ます。

彼女が欲しいのか、女遊びしたいだけなのかよくわかりませんが、

手あたり次第です。

 

電話で月に数回会話する程度の別事業所の女の子と会ったりもしたそうです。

その行動力は大したものですが、

彼の場合、「女癖の悪さ」が自部署で広まってしまっているので、手遅れです。

そうならないように注意しましょう。

 

私の場合

ここまでさんざん書いておいて、

職場の同僚と恋愛関係なったことはありません(笑)

基本的に職場の同僚は「仕事仲間」なので、

必要とあらば、けっこうズケズケモノを言います。

だから職場では好意的に接してくれる人と呪詛を送ってくる人、

真っ二つに分かれます。

 

私の場合、デスクにラブライブのフィギュアを飾ったりしており、

オタクなのを隠していません。

なので、ダイヤちゃんのフィギュアを見て「それ、何ですか?」

から会話が始まることもあれば、

「私は曜ちゃんが好き」と言ってくる人がいれば話は早いですし、

Aqoursなんてクソ。μ'sこそ至高」

とか言う人は、命のやりとりをする必要があります。

 

個人的な体感ですが、最近は女性でもオタクをそんなに隠してないことが多いので、

オタクな人なら、自分のオタ知識をちりばめて、

食いつくのを待つ、というのも手かもしれません。

 

どういう経緯でその話になったかは思い出せないのですが、

過去に会話の中で「私は強化系だから……」みたいなことを言ったら、

HUNTER×HUNTER大好きな女子が食いついてきたし、

「座ったままの姿勢!膝だけであんな跳躍を!」って言ったら、

急に大爆笑しだした女子がいて、「ジョジョ好きなんだな」

ということがわかったりしました。

(私は一体職場で何をやっているんだろうか)

 

もし、運よく女性と会話が盛り上がったなら……

次の会話も盛り上がれるようにしましょう。

アニオタ同士なら三か月に一度は「今期、何がオススメ?」で会話できます。

ドラマだっていいですしね。

 

今まで、「なんであんな男と、あの子が仲良くしてるんだ?」

と思ったことありませんか?

私は常に思ってます。

 

女性の多い環境に身を置けば、

もしかしたら、あなた自身のことが、どストライクの女性がいるかもしれません。

そうなったら、きっと女性の方からあなたに声をかけてくることでしょう。

 

そのとき、

「なんであんな男と、あの子が仲良くしてるんだ?」

と、思われているのは、あなたかもしれない。

と、思っているのは、私かもしれない。