ていらのは売れたい

底辺ラノベ作家の雑記ブログです

【私のオススメ】村上龍「半島を出よ」【万人向けではない】

【スポンサーリンク】

おはようございます。

ていらのです。

 

私、「趣味は読書です」と言いたくありません。

なぜかというと、私の読書量など、大したことないからです。

売れてる作家さんは、やっぱりよく研究してらっしゃる印象です。

読書量も私とはくらべものにならないでしょう。

ただ、楽しんで読んでいるだけの可能性もありますが。

 

楽しいって最強ですよね。

私も気が付けばラノベを楽しく読めていないことに気が付いて、

愕然としました。

しっかり読むより、拾い読みして、エッセンスを拾って、

いいところを盗んで自分ものにしようって思っちゃうんですよね。

 

そのとき、思いました。

「ああ、楽しめなくなるってこういうことか」と。

自分はそんなことないと思ってたんですがね。

そんなことありましたね(笑)

 

とはいえ、物語は読めなくなってもビジネス書を読んでいたり、

物語が書けなくなっても、ブログは書いていたりするわけです。

 

で、オススメのラノベの紹介でもしようと思ったのですが、

すぐに思い浮かばないんです。その程度です(笑)

なので、ジャンルを広げて、オススメの小説でも。

 

半島を出よ(村上龍

   
   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既にこの作品をご存知の方は、

「ぶっこんできたなwww」と思ったことでしょう。

はい、この作品。

全く万人向けではありません。

 

朝鮮半島からやってきたテロリストに福岡が占拠され、

日本が右往左往する話です。

フィクションでありながら、

そこは村上龍氏の入念な取材をもとに描かれており、

テロリスト、巻き込まれる市民、慌てる政府など、

どの視点の描写もリアリティがありました。 

 

私は、基本的に小説は一度読んだら、あとは参考になりそうなシーンがあれば、

付箋を貼ってそこを読み返す程度なんですが、

この作品はまるっと二回読みました。

 

私は村上龍作品は好きな方だと思っていたのですが、

限りなく透明に近いブルー」や、

「コインロッカーベイビーズ」等は読んでおらず、

村上龍フリークの知人に怒られました(笑)

 

ただ、私の場合、経済やら軍事やらがからんでくる村上龍作品が好きなんですね。

希望の国エクソダス」:経済

五分後の世界」軍事

「オールドテロリスト」軍事(ちょっと)

などは既読なのです。 

 

まあ楽しんで読んでいるからこそかもしれませんが、

上記で挙げた作品て、

「こうすればラノベっぽくね?」という部分を刺激してくれます。

 

なぜ急にオススメ本について語り出したかというと、

「やべえ、最近ぜんぜん物語を読んでねえ……」と思ったからです。

 

明日は何か一冊読もうと思います。