ていらのは売れたい

底辺ラノベ作家の雑記ブログです

アクションカメラが欲しい

【スポンサーリンク】

おはようございます。

ていらのです。

 

アクションカメラといえばGoProかOSMO POCKETあたりが有名ですね。

なぜ欲しいかというと、以前の記事で、

「キミの忘れ方を教えて」の感想を書いたと思うのですが、

あれを読んで、「俺も田舎が舞台の作品を書きてえ」と思ったからです。

 

 

んで、アクションカメラっつーか、ウェアラブルカメラを身に着けて、

実家の周辺をウロウロしてみたいなー、などと考えたり。

 

ビデオカメラ片手に撮影してると、

いかにも「撮ってる!」って感じするじゃないですか。

片手がふさがりますしね。

 

それと、GoProだと、多少魚眼っぽくなるものの、

かなり広角で撮影できるんですよね。

HDRの作例なんかも惹かれます。

 

ただ、操作の挙動がもっさりらしいんですけど、どうなんですかね。

YouTubeでいくつか動画は見ましたが、

もっといろいろレビュー動画を探して選んでみたいと思います。

 

ウェアラブルやアクションカメラとはちょっと違うんでしょうが、

SONYのRX0もかなりおもしろい機種ですね。

 

 

型番がユニコーンガンダムと同じなのもいいですね(笑)

 

アクションカメラだと、強力な手振れ補正と、

なにより「身に着ける」ことで、

自然に、かつハンズフリーで撮影できるのがいい。

GoProだとタイムプラス撮影なんて機能もあるみたいですし。

 

アクションカメラ買ったら、

いっそYouTubeに動画でも投稿しようかと思ったりもしましたが、

当然手元を映すだけのレビュー動画が関の山でしょうし、

悩むところです。

 

ただ、こうやって機材であーだこーだ言ってる人間は、

「行動しない人間」の典型だそうで……。

 

たとえば、何日か前の記事で

「会社やめて独立してえ」みたいなこと書きましたが、

独立に向いてる人って、「気づいたらもう会社辞めてた」

みたいな人のようです。

 

YouTubeやブログなんかも、

本を買って勉強してから……

機材と動画編集ソフトをそろえてから……

という人よりも、

「とりあえずブログ始めた」

「とりえあずアイホンで動画撮ってアップした」

みたいな人の方が続くので成功しやすいと、

多くの人が言ってますね。

 

やっぱりまず行動する人は初速にのって突っ込んでいくので、

スピード感が違う。

で、大抵の場合失敗します。

ただ、リカバリーのスピード感も尋常じゃない。

 

私も最初はPS4でDead by Daylightの実況でもやろうかと思ったのですが、

「上手じゃない」ということを気にして尻込みしてしまいました。

PS4本体が家にあるとゲームばっかやっちゃうので、

今は知人宅にPS4本体を預けてしまっているので、できませんが(笑)

 

新しいことにチャレンジするのは非常に有意義です。

先日も書きましたが、Amazonアソシエイトや、Googleアドセンスの審査の通過など、

「とりあえず」でもいいので、自分で設定したある程度の指標をクリアできると、

手ごたえがあって、生きてて楽しいです。

 

会社に行って帰ってきて、

企画のネタが上手く構築できず悶々とする日々は、

全く楽しくありません。

なので、気を紛らわすためにゲームに逃げる感じですね。

 

アクションカメラの話をするつもりだったのに、

後半は愚痴になってしまいました(笑)

 

なるべく「少数でも誰かの為になる」記事を書こうとしてはいますが、

こういった、思ったこと垂れ流しなことを書き記しておくと、

「だったらYouTubeやってみたらええやん」

みたいな信じられない思いが頭をよぎったりするのでご容赦ください(笑)

 

「底辺ラノベ作家」などと名乗って素性を隠していなければ、

顔出ししたのに…なんて思ったのですが、

別に名乗ってなくても顔が出てれば、

担当さんとか会ったことある作家さんにはバレるよね(笑)

 

あと、集合住宅住みなので、声を張れないですね。

しかも、マンションが交差点に近いのと、

面している道路が救急車の通り道なので、

(近くにデカい総合病院があるのです)

けっこうな頻度で救急車が通ります。

 

とりあえず指向性マイクが必要ですね。

……ほら、やらない人間の思考でしょ?(笑)