ていらのは売れたい

底辺ラノベ作家の雑記ブログです

【締切直前】GA文庫大賞についての考察

【スポンサーリンク】

おはようございます。

ていらのです。

 

今日は私が初めて書いた小説を、

初めて投稿し、

初めて一次選考を通過した、

GA文庫大賞についてのお話です。

 

一応宣言しておくと、全て個人の感想です。

どうとらえ、どう判断するかは読者の皆様にお任せしますね。

 

 

どんなレーベル?

 

刊行:SBクリエイティブ

創刊:2006年1月

 

アニメ化作品

這いよれ! ニャル子さん

織田信奈の野望

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる

のうりん

異能バトルは日常系のなかで

聖剣使いの禁呪詠唱

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

落第騎士の英雄譚

最弱無敗の神装機竜

ハンドレッド

りゅうおうのおしごと!

ゴブリンスレイヤー

(不足があるかも……)

 

大賞の特徴

募集は年二回。

前期と後期の入賞作品の中から、

大賞などの賞を割り振っていくかんじですね。

 

web応募可。

評価のフィードバックは一次落ちから。

 

最大の特徴は、

選考中に編集さんがTwitterでつぶやいてくれること。

ただ、作品の特徴はぼやかしてつぶやかれるので、

ネガティブなつぶやきが自分のっぽかった場合、

発表を待たずして「落ちた……」となります(笑)

 

ただ、実際に自分のかどうかなんてわからないですけどね。

私も「落ちた……」と思ったら、通ってたなんてことがありました。

 

また、Twitterが気になって他のことが手につかなくなることも(笑)

 

一次通過数は多めで、二次でがっつり減る印象。

ここの二次通過がある程度の指標になるんでないかと、

個人的には思っています。

 

拾い上げはほぼないようです。

ちょっとソースが見つからなかったのですが、

「拾い上げるくらいなら入選させる」

的なことを、編集のどなたかが言っていたような。

 

例外で、第7回で最終選考に残られた、蝸牛くも先生は、

ゴブリンスレイヤー」でデビューし、

最終選考作品もコミカライズ→GAノベルで小説化されてますね。

 

受賞作を含め、刊行作品のジャンルは流行を押さえてそうな雰囲気。

ただ、流行りのオマージュ的なカバーデザインやタイトルが、

他レーベルに比べてやや露骨かなと個人的には感じてます。

 

否定的な意見をお持ちの方も多いと思いますが、

有名作品に似せることで、「こういう作品なんだな」というのが

お客さんにはすぐわかりますから、

手に取ってもらうためにはわりと重要だと思ってます。

 

KADOKAWAではかなり奮闘してるレーベルだと思います。

売れればコミカライズからのワンチャンも期待できそうです。

 

評価のフィードバックも、きちんと読んでくれてるな、という内容でした。

私の場合ですが、言うべきことをキチンと言ってくれていて、好印象でした。

ですが、他者からの真っすぐな指摘に慣れていない人は、

「厳しい……」と思ってしまうかもしれません。

 

ただ、いざ受賞して刊行に向けて動くとなれば、

編集さんはズバズバ切り込んでくるので、

耐性をつけておいて損はありません。

 

編集さんは売れて欲しくて色々提案してくれるので、

当然っちゃ当然ですね。

意見が食い違うこともあります。

 

もし、GA文庫大賞に投稿するために執筆を頑張っている人が

この記事を読んでいたら、頑張れとエールを送っておきますね。

 

web投稿ですので、ギリギリまで推敲するもよし。

さっさと送って、8月締切のファンタジアあたりに向けて、

新作に取り掛かるもよし。

 

自分に合ったやり方で戦い、デビューしてください。