ていらのは売れたい

底辺ラノベ作家の雑記ブログです

第11回GA文庫大賞で大賞出てましたね

【スポンサーリンク】

おはようございます。

ていらのです。

 

タイトルの通り、私が投稿者時代、初めて応募した新人賞の

「第11回GA文庫大賞」で、大賞が出ましたね。

https://ga.sbcr.jp/novel/taisyo/11/index.html

 

同賞で初めて大賞に輝いたのは、

第4回、大森藤ノ先生の「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

なので、七年ぶり二回目の大賞です。

 

今回大賞に輝いた作品は、あらすじを拝見したところによると、

女の子×女の子のようで、百合要素ありなのかしら?

設定を見る限り暗い感じで、どんな作品なのか楽しみですね。

刊行が待たれます。

 

GA文庫大賞はなかなか大賞出ませんね。

レーベルにかなり貢献したであろう、「ニャル子さん」が優秀賞ですから、

ハードルが上がったんでしょうか(笑)

そのうえ初の大賞が「ダンまち」ですからね。

 

絶対的な選考基準があって、それをクリアしつつ、

売上はもちろん、メディアミックス等々が期待できる作品が来て、

初めて「大賞!」となるのかもしれません。

 

逆に電撃大賞なんかは、

毎回応募作の中で一番光ってる作品の中から大賞を選出……

と思ったのですが、去年の秋に発表されたのは大賞なしでしたね。

めずらしい。

こちらは第7回が大賞なしだったので、18年ぶりの大賞なし。

 

出版業界は傾いている……というか、

「終わっている」という人も多いので、そういうことなのかもしれません。

 

しっかし、当然ではあるんだけど、

GAの大賞受賞作品の選評はべた褒めだなあ……いいなあ……。

 

私、作品に関してお褒めの言葉をいただいたことって、

一度もないかもしれません。

 

帯に他の先生からコメントを頂戴したいものです。